新着情報

2018/08/09

【製品採用事例のご紹介】〜洗練と美しさを表現するステンレス手摺②〜AR-Pガラスタイプ

手摺としての安全性と機能性に加え、あらゆるシチュエーションで安心の耐久性と耐候性を発揮するASANOのステンレス手摺シリーズ『ARシステム』。

製品のデザイン性、外観・意匠性の面でもあらゆるニーズを満たすべく、ステンレスならではの美しさを追求しております。

①採用事例で紹介する『ARシステム』の魅力

今回は最近のARシステムの採用実績にフォーカスし、事例写真をご覧いただきながら製品のデザイン性・意匠性を支えるこだわりのディテールを紹介します。

[AR-P ガラスタイプ]

_F6A3512.jpg


都内某所にあるオフィスビルの一室です。

室内に手摺が必要な階段と吹き抜けがあり、この度、弊社製品 [ ARシステム / AR-Pガラスタイプ ]を採用いただきました。


_F6A3501.jpg

硬質なイメージを持つステンレスとガラス。

パイプが持つ「曲線」と、ガラスが持つ「面」のコンビネーションが生み出す上質な雰囲気は、
オフィスに洗練されたイメージをもたらすアクセントとなります。

今回使用されているガラスは"すりガラス"ですが、"透明ガラス"もお選びいただけますので、
施工場所によってご検討いただくことをオススメします。




では、このAR-Pガラスタイプで使用されているパーツをご覧いただきましょう。


支柱2.jpg


支柱は、笠木パイプを挟み込むように支え、
一体感が生まれる曲線的なフォルムが特徴です。

さらに、表面加工はヘアライン仕上げを採用し、金属のハードなイメージを程よく抑え、
上質で
落ち着いた印象の質感となっています。



V400_End_Cap-1.jpg

  エンドキャップ






Rエンド2.jpg

笠木、手摺の端部のパーツは、曲線的なフォルムで
仕上げられた「Rエンドキャップ」。

滑らかなカーブを描く突起をなくしたデザインと、この形状ならではの触れた時のフィット感が好評な手摺パーツです。





V400_R_End_Cap.jpg

Rエンドキャップ




コーナー.jpg

製品の随所に見られる、突起を極力減らした滑らかな仕上がり。安心を美しく実現する
ディテールへのこだわりが、上質な空気感を生み出します。




ガラス.jpg

飛散防止フィルムを貼った強化ガラスは、専用のガラスクリップによってしっかりと固定され、安全性を高めています。



②バリエーション


笠木までの高さ1,095mmの「AR-P」にはガラスタイプの他に、ノーマルタイプとワイヤータイプがございます


AR-P_ラインナップ.jpg

笠木、手摺、支柱のみのシンプルな構成で、各ディテールが際立つ「ノーマルタイプ」(左)。

シャープなワイヤー がアクセントとなりながら、空間に溶け込む「ワイヤータイプ」(右)。
(歩行者自転車用柵として使用が可能)

そして今回ご紹介した、開放感のある空間演出が可能な「ガラスタイプ」。
(転落防止柵として使用が可能)


また、1段または2段の手摺を取り付けることで、歩行者補助手摺としても使用することができます。

1つの製品から広がる豊富なバリエーションが、様々なシチュエーションに対応するステンレス手摺[ARシステム]。

手にした時に伝わる確かな安心感と、洗練されたイメージに満ちた美しさは、空間の雰囲気を上質なものに昇華させます。



製品の詳細はこちらからご覧下さい。


製品ページバナー改.jpg



③CADデータダウンロード


ARシステムのCADデータをご希望の場合は、下記アンケートにお答え下さい。

チェック式の簡単なアンケートにご回答いただくと、ARシステムのCADデータを全ラインナップ
から選択してダウンロードができます。








              お見積のご依頼も承っております。

             見積依頼バナー改.jpg





宜しくお願い致します。


MT署名ロゴ.jpgのサムネイル画像

カテゴリ別
年 別
オンラインショッピング
ページの先頭へ