浅野のあゆみ

明治25年 三条市五の町にて創業。以後二代にわたり、木製品の製造を行う。
昭和19年8月 三条市四日町301番地に浅野金属工業株式会社( 資本金14万5千円)を設立。
銑鉄鋳物の製造を始める。
昭和35年6月 三条市新保1135番地に銑鉄鋳物工場を新設し、四日町301番地に可鍛鋳鉄の2種類を製造するに至る。
昭和42年11月 資本金350万円に増資する。
昭和43年7月 銑鉄鋳物を廃止。可鍛鋳鉄一本に切り替え業務を拡張する。
三条市月岡に新工場を新設し、新保・四日町工場を移転。
設備機械を更新し、精度及び品質管理の工場を図る。
昭和44年6月 資本金700万円に増資し、ステンレス鋳物工場を新設する。
昭和50年10月 資本金1,400万円に増資する。
昭和52年4月 ステンレス漁具船具の製造を開始。
マーケットを全国的に広げ直接販売に着手する。
昭和56年10月 可鍛鋳鉄工場の生産を中止し、ステンレス鋳鋼の1部門に改め生産拡大と充実を図る。
昭和59年6月 ステンレス鋳鋼部門の膨大な受注に対応するため、工場を増築し、最新設備を取り入れる。
昭和61年1月 オールステンレス消雪ノズルの製造を始める。
昭和62年10月 体育関係資材に取り組み、テニスネットポスト等の特許製品をはじめ数々の品を世に出す。
昭和63年3月 ステンレス鋳鋼部門の合理化のため自動砂処理設備を充実し、いっそうの受注拡大をねらう。
平成2年 製品の出入、在庫並びに物流管理合理化のため、自動倉庫システムを導入する。
品質向上を図るため、成分自動分析設備を一新する。
平成3年 多様化する新製品の開発とスピード向上を目的とし、CADを導入する。
資本金2,000万円に増資する。
平成7年 多様なニーズに応えるため、アルミ鋳物の研究を開始する。
平成10年 業務拡大のため、本社、事務所棟、倉庫棟を新築し、合わせて社内の合理化を進める。
平成11年 新コンピューターシステムを導入し、基幹業務の充実を図る。
新CADシステムを導入し、企画開発の強化を図る。
平成12年 新物流システムを導入し、今後の多品種少量の受注に対応すべく出荷体制を築く。
平成13年3月 高周波電気炉350kg1基、150kg1基を導入。
平成14年5月 3次元CADを導入。新製品開発の効率化とデザイン性向上を実現。
平成16年7月 3次元造型機(3Dプリンター)を導入し、モデル化によるデザイン及び基本構造のシミュレーョン化を図る。
平成18年 自社ウェブサイトをリリース。
平成19年12月 製品のさらなる物流管理合理化のため、自動倉庫システムを増設する。
平成20年 よりスピーディな情報提供を図るため、自社ウェブサイトからの製品の見積依頼、お問合せの受付を開始。
平成23年9月 海外事業展開の足掛かりとして、英語版ウェブサイトを立ち上げる。
平成25年7月 自社ウェブサイトをフルリニューアルし、取付・取扱説明書や参考設計価格表など、製品詳細情報の提供を開始。
  • キャリタス就活2018
  • マイナビ2018
ページの先頭へ